秀和レジデンス|東京23区の不動産情報|売主・未公開物件多数|株式会社シティランドクロサワ

Company

株式会社シティランド・クロサワ

豊島区東池袋1−44ー1

TEL:03-3987-5211

FAX:03-3987-5483

定休日:土曜 日曜 祝日

営業時間:9:00〜18:00

宅建免許番号:東京都知事免許(6)70608号

お知らせ
2012/10/15

秀和レジデンス

この青!と白!今じゃ考えられません
雰囲気いいです!秀和
アイアンのアプローチが眩しすぎです
外国ですか?

東京の町を歩いていると、壁面が魚の鱗のようなウネウネした壁、そこに真っ青な青い瓦
見たことありませんか?この仕事を始めるようになってから何度も見ているのですが
さほど今まで気にしていませんでした、ですが!

ここ最近リノベーションマンションが脚光を浴びるようになりマンションの区分所有も
良くみるようになると「むむむむ?」意外といいかも!?
よくよく考えてみるとこんな青い瓦今使わないよな、、、この凝ったウネウネの壁面も
コスト的に絶対に無理だよな、、、実はコストをタップリかけて作ったマンションかも?

と、なったわけです。名前は「秀和レジデンスシリーズ」
今は消滅してしまった昭和のマンションデべロッパーで、その昔バブル絶頂期には
日本の不動産業界に秀和有り!と言われるほど台風のごとく猛威を振るいました汗


当時、まだまだマンションが少なく珍しい時代に青山を皮切りに次々に大規模マンションを建設、当時は駅前なんかが抑えられる時代でしたから立地は今のマンションより数段上です、ヨーロッパ風のバルコニーのアイアンが特徴で当時はこぞって皆さん購入したとかないとか、、、芸能人も数件持っている人はいまだに居るそうですよ。

ここに来てヴィンテージマンションの仲間入りをして人気がまた出てきているようです
古いマンションによく言われる配管の問題や耐震もその都度人の手が入り修繕されているようなので管理はバッチリだそうです、外観がこれだけ個性を放ってますから部屋の中も
ガッチリ壊して一からやりかえてあげたいものです、秀和いいですよ

ちなみに私の友人も最近「秀和」を購入しましたよ。ちなみにデザイナーです!



「秀和あれこれ」


ビンテージマンションとは?

日本では住宅は築年数が新しいほど価値が高いとされ、中古マンションは流通量の絶対数も多くありません。一方欧米では、不動産市場の7割以上は中古住宅が占めると言われ、特にヨーロッパでは築100年以上の物件もざらにあります。古いほど価値が高く、魅力が増すと考えられているからです。これがビンテージマンションの発想で、単に古いだけでなく、年数を経るごとに味わいが増していくのが魅力です。


なぜ今ビンテージマンションなのか

持続可能な社会という環境配慮の観点から、古いものを大事にするという考え方が広まってきています。また、ニーズが多様化し、既製品のマンションではなく、中古物件をリフォームによって自分の好みにカスタマイズして住みたいという人も増えています。そもそも日本人の新築信仰はあまり根拠のないもので、買ったその日から価値が下落する新築はバカバカしいという合理的な理由も背景にあります。